FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスタワー考察日記7

ぷよ譜打ち込むのめんどくさい(´・ω・`)
それとなんでもいいからちぎり回数を記録してくれるものがでてこないかなー、通でも需要はあると思うし。

第五試合

ついに来ましたデスタワーの鬼門。初手4色。
恐らく初手は横に寝かせ、初手のどちらかの色で起爆点を作る、と決めてかかっているんだと思われます。
つまり考え方としては弐式のそれに近いのですが・・・
3手目の緑ゾロを見てか、緑を生かすために緑を2列目に置きます。
私的にはもう片方のを生かせるように立てておくのではと思います。
4手目でが来たので起爆点をに。
6手目で一瞬を立てて置こうとしましたが、次の手の緑の置き場所に困るので寝かせて置く当たりはちょっと真似できないですね・・・・
11手目、赤を5連結にするため2列目へ。
16手目、相手が起爆していたので急いで発火。結果打ち勝ち勝利。
実はこの勝負、16手目がでないだけでおじゃまぷよの量が激減します。
一例
dl17.png
おじゃまぷよ60個ぴったりの不完全致死連鎖、このひとつだけでおじゃまぷよに10個の差が。それでもおそらく勝てるでしょうが、連結ボーナスが2違うとこれほどの差になることは覚えておいていいでしょう。

ちなみに私の場合、鱈Pの紹介した4色パターンに組むことが多いのでこうなります。→http://ips.karou.jp/simu/pe.html?_S82GegCISi2Gcgcek6A0Ik88eaiqe1S1
5手目で博打、8~11手目は実践でこう置けるか疑問ですが。
スポンサーサイト

デスタワー考察日記6

今日、久しぶりに実践ということで20thのサタン(強)に100戦申し込んだら16勝しかできませんでした。(´・ω・`)
お、思ったよりどうしようもない・・・・
でも少しは成長の手ごたえはあった。
15thのサタンのおじゃまぷよの量が適当すぎなせいで15thでは互角以上なのだが・・・・


前回の続き

第三試合

第二試合同様初手ゾロ、2手目が初手色を含まない組だったので棚上げを行う。8手目の緑ゾロは置く場所に困ったので棚上げ。11手目の紫ゾロの置き場所に困り、4列目に置くも、中央とはつながらず。また、12手目は黄色をつなげるのにあせったのか、3連結どまり。結果、1/8頼みの発火となるも致死量に届かず、さらに相手が完全致死、自分フィールド3列目に8手目の緑ゾロを残してしまったので連鎖を繰り出されたあと即投了。

13手目は明らかに悪手なんですが、だからといってこの配ぷよではこの形にどうしてもしてしまうし、下図のように黄色を4連鎖目にして捌いても、黄色を5連結にしても少なめの致死量にしかならないので、結論から言うと、配ぷよが悪かった、というふうに見えました。
dl16.png
おじゃまぷよ64個(4540点)の4連鎖。しかし相手のほうが早いので打ち負ける・・・
(追記)と思ったらクイックが発動して一応打ち勝てるんですね。フィールド状態がこちらもよくないので状況としては五分?


第四試合

3手目、4手目から壱式デスタワーを組む形に。その後も順調に棚上げをしつつ組んでいきます。
9手目、黄色はほとんど完成しているので赤をつなげに2列目へ。
10手目、本当は4列目に紫をつながるように置きたかったはず。しかし気が付いた時には置けなくなっていたので仕方なく6列目に。
11手目、緑を5連結にすることで威力の底上げ。デスタワーでは「消した数」よりも「連結ボーナス」の重みのほうが強いからです。
10手目にミスがあったもののほぼ問題なしに組みあがりました。
10手目にミスをしなかった場合→http://ips.karou.jp/simu/pe.html?_kEOsIuCgcsG6M4IiAqk6C0UsACIk21O1

デスタワー考察日記番外

さて、いまさらなんですが、デスタワーの用語についてあれこれまとめておきましょうか。

デスタワー
ま、念のため。
今はなきゲーメストの定義によると「ひとつの連鎖を考えてから後半の連鎖を作っていく」「横よりも縦に積んでいく」「同時消しが多い」。
転じて、2連鎖目で大量消しを狙い致死量のお邪魔ぷよを送る戦術、及び連鎖方法。
ヘルファイアとの違いは
不定形なので柔軟性がある。(同時に複雑にも)
4色消しを狙うことが出来る
ド派手でかっこいい
また、多くの場合以下の図のように起爆点の形を作る。
dl15.png


棚上げ
どこにおくか困った時にとりあえず中央(2段落ちする部分)においておくこと。こうすることで柔軟性が高まる。

たすきがけ
以前このブログで肆式?とおもったやつ。以下の画像で言うところのがたすきがけ部分。
dl11.png
こうすることで赤が伸ばしやすくなる。

他、思いついたら他の用語も載せていくよ~

デスタワー考察日記5

ぷよm@sの律子曰く、上級者のぷよをみて研究すればよい、とのこと。
というわけで今回はこの動画の研究をしていきたいと思います。

【ぷよm@s支援】(ルヨル) 究極連鎖 vs デスタワー (ピロ彦P)【初代ぷよ】

デスタワー使いのピロ彦Pの積み方を見てそれについてわかる範囲で考察していく感じです。

ではまず第一試合
3手目、NEXTに赤ゾロが見えているためを中央に置く積み方を選択。
それはよかったのだが、もうひとつの黄色を寝かせ、背中が高くなりやすい形になっていってしまう。
これが後に響き、6手目、紫ゾロを2列目に置き背中を高くする悪形に。
dl14.png
恐らくかなり苦しかったはず。
11手目、を途中で消し、背中を低くし再構築を開始。そして20手目に相手の発火を受け、緊急発火、5連鎖。相手が致死量でなかったので勝利。

辛くも勝利というわけですが、やはり3手目が響いているように見えました。
3手目を立てておくことが出来れば、ちぎりは多いものの16手で発火することが出来ました。
(おじゃまぷよ64個、4510点)
dl13.png
ただ、紫を消したことで相手の手を止めたはずですので、これが最善かどうかは分かりません。



続いて第二試合

初手がゾロ、2手目が初手の色を含まない組だったので良形に持っていくため2手目を中央に積む。
これは意外と重要かも?もちろん、その際3手目に注意して参式に組めるよう上下を変える必要もあります。
お、俺だって3手目までならNEXTは見れるんだぞ!
順調に参式を組んでいってるんですが、相手の2ダブつぶしがきます。
しかし、発火しようにも起爆色がこず、つぶされて終了。

これはさすがに運がなかったと言う意外にコメントのしようがありません。
ちなみに、が来ていればおじゃまぷよ56個(4000点)を送ることが出来、ほとんど致死量でした。なので、が来ていれば勝機はあった、という程度です。ただ、黄色が一緒だとおじゃまぷよ44個(3090点)と激減しますが。
続きは次回・・・・終わるのはいつになるんだ・・・

デスタワー考察日記4

今気が付いた・・・・ぷよシミュのデフォ設定だとzキーは左回転・・・・
ずっとzキー縛りでやってたんだからそりゃVCAと勝手が違うわけだぜ・・・
同じような人、いるんじゃないかしら。

dl11.png
13手テンパイ、14手即発火、おじゃまぷよ71個(4980点)
ふーむ。ぱっと見ると赤がつながってるように見えない。でも全部つながってるんですなぁ。
確か、ニコニコにうpされているピロ彦P対MOTさんの動画でも「2段目の色を伸ばす組み方(動画内では確か黄色)」として軽く解説されていたはず。

こうしてみると逆向きデスタワーにおける4列目1段目(以後コア。なんとなくコアっぽいから)におけるぷよは
割と何でもいけるんだなーとしみじみ。このぷよ譜では6手目にコアの色を決定。なぜなら背中(2列目)の2段目がコアの色と同じだから。
dl12.png

もしやこれは肆式?なわけないか。が窮屈だし。きっともう誰かが研究してるでしょう。

最近シミュでも15手以内発火が結構出来るようになった。実践ではないけど楽しくなってきた。(`・ω・´)

デスタワー考察日記3

前回の考察日記にも少しあるのですが
私はNEXT見ながらぷよを置くことが出来ません。どうしたらいいんでしょうね?(´・ω・`)

デスタワーでも究極連鎖法でも、効率を上げるためには落ちてくる2つのぷよを使い切ることが重要です。
しかし、デスタワーでは参式がいくら柔軟性が高いとはいえ、全てのぷよを使い切るのはほぼ不可能です。
そこで「見限る」ぷよを見極めなければなりません。
例えばこの例。
dl7.png
NEXTにもがあるので参式が見込めそうです。が、参式に組もうとした場合、は相当苦しくなります。
この先のツモしだいでいろいろ結果は変わってしまいそうなんですが、この場合、
dl8.png
を見限る覚悟でこのように置くほうがよいでしょう。理由としては次のを3列目に置くことでいわゆる良形が保てる上にが既に2個くっつくからということです。幸い、このツモの場合、が来ているので参式が完成しますが、もしが含まれる時はどうしましょう。

そのときは基本的に緑を3列目に置きつつ、もう一方のぷよを適切な位置へ置いてやればいいと思います。
なら2列目か3列目
なら4列目
なら3列目
ただ、ならを伸ばしつつ赤ゾロを置きやすくする位置におけばいいのではと思います。
dl9.png

まぁ、NEXT見れるようになるのが最重要ですね・・・・(´・ω・`)

ちなみに完成図
dl10.png
12手テンパイ、13手即発火、おじゃまぷよ69個(4850点)
あぁ・・・実践でもこういう風に組めたらなぁ・・・・

たわごと

デスタワー考察日記2投稿後・・・・


都倉「よーしどんな感じで仕上がったか見てみよう。」


都倉閲覧中・・・・


都倉「よーしなかなか良い感じかな?これならぷよPのブログURLに張っても恥ずかしくは・・・ん?」


そこで私は最新コメント欄にたまたま目が行った。

都倉「K_maebara・・・・?どこかで聞いたことが・・・」

そのとき、大会主催者の名前を思い出す。確かK_なんとかという名前の人だった。

都倉「いや、長期間このブログ放置してたんだし、さっきこの企画も思いついたんだし・・・その人が来ているわけがない・・・よね?」


私はブログのコメント欄にアフィ広告のテンプレを貼り付けに来ることが多いことを知っているし、現に何度も来ていたので
似たような名前のその筋の人なんだろうと半分思い、コメントを見た。

・・・・

都倉コメント閲覧中・・・

・・・・






うえぉぉぉぇぇえええーーーーーwwww


い、いつぞやは大会運営おつかれさまでしたァッーーーー!?


ま、まさか。この企画が始まって一時間とたたぬうちにその筋(初代ぷよ勢)の人が見に来ているとは・・・・
ネットって恐ろしい。

ていうか、こうしてその筋(初代ぷよ勢)の人が閲覧に来たらもはやここで退けなくなっちゃった。ということ。何度も長期休暇(ブログ的な意味で)をしていた頃には簡単には戻してくれない。
そうだ、こうして更新を続けていけば鱈Pのぷよm@sの最新話が早く来ると信じてがんばろう。うん、頑張ろう。

デスタワー考察日記2

dl3.png
この図のように落下中が黄紫 NEXTが緑緑とします。この図の場合、最善手はどれなのか。

まず、NEXTを見ずに直感で置いたのが
dl4.png
こう。
そして次の緑ゾロを1列目に・・・としてたんですが、なにぶんこの起爆点は愚形でさらに2列目の赤を生かしにくい。つまりは3列目に赤を置かないと他の色が置けないという形。さらにこの場合は赤か黄色をどちらか2個も犠牲にしなければならない(試してみてね)。愚形ですね。

そこで取った一手は
dl5.png
こう。
こうすると、4列目に黄色がくれば黄色が全てつながり、黄色の呼吸点を確保できる上、3列目に少し余裕が出来ます。デスタワーでは何が来ても良いように構えておく、「柔軟性」を高める積み方が、効率面を見るうえでは決して目をつぶれない項目となっていきます。
参式デスタワーはその柔軟性を劇的に高める積み方だと思っています。参式の定型でなくとも、このような黄色の置き方ができるということを覚えておいたほうがいいかもしれません。

ちなみに完成図
dl6.png
13手テンパイ 15手発火 おじゃまぷよ63個(4450点)

デスタワー考察日記

とこぷよシミュレータでは綺麗なデスタワーが組めても実践ではなかなかうまく組めないことがあります。
なんでだろ?

・デスタワーと逆向きデスタワー

デスタワーというのが
dl1.png
いわゆるこういう形で

逆向きデスタワーというのが
dl2.png
こういう形です。

ピロ彦Pの対戦動画を見るとよく逆向きデスタワーを組んでいるのが見られます。

逆向きデスタワーのメリットは
・横移動の量が単純に少なく、高速に組める。
・1段落ち部分にバンバン置く事ができること。
デメリットは
・いわゆる良形となる2段落ち部分を高くすることで少量のぷよで窒息すること。
・慣れるのに難しい

要は死にやすく、殺しやすいということなんですが、スピードは初代ぷよにおける最重要項目であり、起爆点から作るデスタワーの性質を考えると逆向きデスタワーのほうがより合理的な組み方と言えます。


不定形が苦手な私なので最初は正向きデスタワーを使って落差に慣れるようにしました。そんな状態で大会に出るからフルボッコにされるわけで。はい。

あとなぜか逆向きのほうが効率よく置けるような気がします。鏡写しなだけのはずなのになぜだろう。
やはり一段落ち部分を気軽に使えるのが大きいのか?

デスタワー考察日記の前書き

8月の初代ぷよ大会に出たんですけども。
見事最下位でした(´・ω・`)
みんなレベル高すぎ・・・・

というわけで。
来月の大会までに初代ぷよの練習・・・もとい特訓をしようというわけです。

初代ぷよ大会で主に使われていた戦法としては以下の3種類がほとんどでした。

・究極連鎖法などの5連鎖、4連鎖ダブル
・デスタワーなどの致死2連鎖
・ヘルファイア系統のクイックを交えたつぶし

5連鎖、4連鎖ダブルは通プレイヤーに好まれているようです。普段から通をやっている慣れから来るものでしょう。
ヘルファイア系統のクイックを交えたつぶしは初心者にも覚えやすいという敷居の低さ、またそのお手軽さとは対照的に強さもそれなりに兼ね備えているので、短期間で強くなるにはこちらを選ぶべきなんでしょうが・・・・

デスタワーってかっこいいじゃないですか。

2連鎖で致死量を送った時の優越感やその派手さ。とっても私好みです。5連鎖が組めないからというのもありますが

という性格的にも実力的にもぷよm@sのやよいみたいな私ですが、頑張ってデスタワーを高速で組めるようになろう!というのがこのブログのひとつの目的です。

強さの目標としては・・・・目指せピロ彦Pクラス?

あ、「対戦しないと強くなれない」思考の持ち主なので夜型の人は私を対戦に気軽に誘ってください(´・ω・`)
一応VCAぷよと20thぷよ(DS)ならあるのでそちらで対戦できます。
では次回から初代ぷよ考察日記はじめまーす。
プロフィール

都倉 欅(とくら けやき)

Author:都倉 欅(とくら けやき)
いとも容易くというハンドルネームで活動している人の日記。
たわごととか満載。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。