FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスタワー講座メモ「棚上げ」

ゆっくり先生「~♪」

AIちゃん「ゆっくり先生こんばんはー。何かいいことでもあったの?」

ゆっくり先生「ゲーセンでアルバイトしてたら店長さんに褒められたのよ。」

AIちゃん「ほほー。何を褒められたの?」

ゆっくり先生「ゆっくりちゃんかわいいぜ・・・って感じだったわ。かわいいってお得よね。」

AIちゃん「そ、そうだね。(バイト先変わったのか・・・)」

ゆっくり先生「ところで、前回の参式デスタワーについて少しは理解できたかな?」

AIちゃん「う、うーん・・・。それでもまだ組みづらくって。」

ゆっくり先生「どれどれ・・・・。あぁなるほど。」

ゆっくり先生「では今回はデスタワーを組みやすくするテクニック『棚上げ』について教えるね。」

AIちゃん「棚上げ?」




例えば、参式デスタワーの発火点が完成していて、緑紫のぷよが落下中のとき、どういう風に置くかな?



こうですかね?↓




こうやって置く場合もあるけれど、実はこれ組みにくくなるんだ。現在の赤ゾロ、ネクストの赤紫が置きにくいはずなんだ。

で、ここで棚上げを使うとどういう風になるかというと



こうなる。次の赤ゾロも



こうやって置くの。

つまり、どんどん中央を高くしていこうってことなの。

こうすることで、中央から左右に柔軟にぷよを振り分けることが出来るからね。

また、こういう風に置いても同じだろうと思ってるかもしれないけど



これ、4列目の黄色の上に緑を乗せないと5列目の緑を生かせないから4列目は緑が来るまで見えない壁があるのと同じ状況で窮屈になってるんだ。

棚上げをすると、一見バランスが悪そうに見えるけど中央(4列目)が高いデスタワーは組みやすいということは覚えておいたほうがいい。

また、逆に背中(5列目)が高いデスタワーは組みにくいんだ。



「中央から振り分ける」、ということは参式デスタワーに限らず重要なことなので、デスタワー組むときは中央を高くする癖をつけるといいでしょう。






ゆっくり先生「つまり、今回のことをまとめると」

・中央をどんどん高くするといい形。
・そのためのテクニックが棚上げ。

ゆっくり先生「前回の参式デスタワーと今回の棚上げを留意すれば、タワーを組める割合が2割から5割に増えるはずだ。」

AIちゃん「あ、確かに組みやすくなったかも。」

ゆっくり先生「もっとも、これは段差把握がある程度できるようになってからということなので3列目と4列目の落下段数になれることのほうが最優先だと思う。」

AIちゃん「私、それなら得意だよ!」

ゆっくり先生「あ、そうそう。特に参式デスタワーと棚上げは相性がいいよ。前回のこの図覚えているかな」



AIちゃん「黒ぷよ部分には赤以外乗せれるやつですね。」

ゆっくり先生「そう。AIちゃんは賢いな。」

AIちゃん「へっへーん。」

ゆっくり先生「じゃぁ次回は補足的な内容になるけど割りと重要な話になるかもしれない。」

AIちゃん「タイトルはずばり?」

ゆっくり先生「参式デスタワー あ る あ る 」

けやきP「誰もが通る道。でも自覚することも大事。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

都倉 欅(とくら けやき)

Author:都倉 欅(とくら けやき)
いとも容易くというハンドルネームで活動している人の日記。
たわごととか満載。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。